聖蹟桜ヶ丘にニューオープン!かき氷専門店ぱくぱくくもくま堂

スポンサーリンク

こんにちは!フードアナリストの愛です。
今回ご紹介するのは、先日聖蹟桜ヶ丘に新しくオープンしたカキ氷専門店の「ぱくぱくくもくま堂」さん!
2016年9月27日に日テレ系news everyの「知られざる氷の世界」でも取り上げられた、いま話題のお店です。
聖蹟桜ヶ丘駅東口から歩いてすぐの創作ダイニングバー「虎’s ダイニング」の昼間の時間を借りて最初は土日限定で営業が開始しました。
今回は、初回営業時に二日連続で行った分をまとめてレポートします!(その後、何度か通って色々なカキ氷を食べたレビューはこちらに書きました。よろしければ合わせてどうぞ♪)

↓ランキングに参加中!応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

にほんブログ村


 

1.アクセス・外観・内観

お店は聖蹟桜ヶ丘駅東口から歩いてすぐ。ビルの地下1階にある創作ダイニングバー「虎’s ダイニング」を借りられての営業です。(そのため外観写真は虎’sダイニングの物です)地図は記事の最後に載せています。

くもくま堂-1

 

地下に下る階段の前にはカキ氷のメニューを書いた看板が置いてあるので、迷うことはないかと思います。(これは初回営業時のメニュー。メニューは週替わりです)

くもくま堂-2

 

お店の入り口はこんな感じ。

くもくま堂-4

 

もともとバーなので少し照明は薄暗く、ムーディーな雰囲気です(右の方に見えているのは開店祝いのバルーンです)。

くもくま堂-3

くもくま堂-5

 

 

と言っても、お客さんがいっぱいで賑わっていましたけどね!

座席はカウンター席、2人テーブル席、4人テーブル席があるので、おひとりさまでもグループでも気軽に入れます。

スポンサーリンク

 

2.メニュー

かき氷に使用されるシロップの種類は7~8種類ほどで、その週によって変わります

前日にお店のInstagramやTwitterで告知されますので、フォローしてチェックしましょう!

初日は15時少し前の来店でしたが、「カルピスくりぃむ」と密かに狙っていた「黒糖みそくりぃむ」は既に売り切れ。メニューの一番上に載っていた「ジンジャーみるくれもん」をオーダーしました。

(現在、注文は着席する前にしてお会計も先払いになっています)

注文して待っていると、温かいお茶が出てきます。(現在、お茶とお水、おしぼりはセルフサービスになっています)

くもくま堂-6

 

カウンターにはポットが置いてあり、お茶はお代わり自由です。一人でカキ氷2杯以上召し上がるお客さんには重宝しますね(私は無理でした・笑)

そして10分ほどで特大サイズのカキ氷が登場!

スポンサーリンク

美味しい情報を「はてブ」やfacebookでシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

愛@管理人

フードアナリスト・グルメブロガー 佐藤愛
実名グルメサイトRettyにてフォロワーが1万人を超すレビュアー。
愛知県出身。幼い頃から甘い物が好き。祖母が茶道に携わっていたことから和菓子への造詣を深めていき、洋菓子好きの両親の影響で様々な洋菓子も食べ歩く。
結婚を機に上京。実名グルメサイトRettyに登録してからは勤務地の新宿のランチと都内のスイーツ全般を中心に食べ歩き、レビューすることの楽しさに目覚める。ほどなくして新宿エリアの№1レビュアーに上り詰めるが、退職して2014年11月フードアナリスト4級取得。
現在はエリアを問わず都内の有名スイーツやカフェを中心に食べ歩くとともに、居住地である多摩市周辺の有名グルメサイトに掲載されていない店舗に訪問してレビューを投稿し、地域グルメの啓蒙・発信の一翼を担っている。
最近の楽しみは、観光で東京に来る友人知人にオススメのお店を紹介すること。
将来の夢は、ブログを英語でも執筆して日本に来る外国人観光客へのグルメ情報を発信すること!

グルメニュースサイトmacaroniやおでかけプラン提案サイト「Holiday」にも記事を寄稿中!
レビュー・記事執筆のご依頼承ります!
詳しいプロフィール
Rettyページはこちらから!