ドラえもんのどら焼きはここのがモデル!時屋@新宿

スポンサーリンク

こんにちは!フードアナリストの愛です。
今回ご紹介するのは、新宿小田急ハルクにある老舗の甘味処・時屋!
ドラえもんに出てくるどら焼きは、ここのがモデルなんだとか!
故藤子・F・不二雄先生がお好きでよく通われていたそうです

まだ新宿で働いていたある日。何故か朝から無性に大きなどら焼きにかぶりつきたい気分だったので、仕事帰りに寄って買いました笑。

 ↓ランキングに参加中!応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

 1.アクセス・外観

新宿西口から歩いてすぐ。小田急ハルクの1階にあります。

IMG_1155
無機質な街並みに突然年季の入った甘味処が現れるのですぐに分かると思います。

2.内装・雰囲気

どら焼きをテイクアウトしたので店内には入っていませんが、外から見た感じ、内装は昔ながらの甘味処と言った雰囲気。
席数は55席だそうです。

そんなに混んでいなかったので、どこのカフェも混雑している西口では穴場かもしれません。

3.メニュー

イートインのメニューは、煎茶と生クリームどら焼きセット、あんみつ各種、おしるこ、豆かん、ところ天の他、かき氷なんかもあって甘味処と聞いて思い浮かべるものは大抵揃っています。

でも今回はテイクアウトで中どら焼き300円を購入。
これがドラえもんのどら焼きに一番近いと思います。
帰宅してから煎茶とともにいただきました。

ちなみにもっと大きい「大どら焼き」や直径約30cm、重量1.5kgの「特大どら焼き」もあります。

4.味・感想

【中どら焼き】300円

IMG_1157

中と言いつつ大きい!(≧∇≦)
手のひらにあまるほどのサイズです。
焼印が押された、大きくて重量感のあるどら焼き。
ほら、ドラえもんに出てくるどら焼きに
よく似たフォルムじゃないですか?
え?どら焼きなんてどれも同じ?
そんなつれないこと言わないでください~笑。

IMG_1159

割ってみました。
餡子がギッシリ!
厚めの生地はふっくらしていて、フワフワモチモチ
かぶりついた時の満足感がすごいです。
中には小豆の粒がしっかり感じられる餡がたくさん入っています
素朴な甘さで美味しい〜!

5.総評

味 ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★☆
サービス ★★★★☆
居心地  ー
用途:(テイクアウト)手土産、自宅用

基本に忠実に、丁寧に作ったどら焼きといった感じです。
原材料も余計な物は入っていません。
これはドラえもんがハマるのも分かります笑。

どら焼きでクオリティの高さは確認できたので、今度はイートインで他の甘味も試してみたいと思います(^_^)v

◎「スイーツ」カテゴリーへのジャンプはこちら

↓更新の励みになります!応援クリックお願いします!↓

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

時屋の公式サイトはこちら

住所 東京都新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク 1F
TEL 03-3342-2610
営業時間 [月~土] 11:00~21:30 [日・祝] 11:00~20:00

スポンサーリンク

美味しい情報を「はてブ」やfacebookでシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛@管理人

フードアナリスト・グルメブロガー 佐藤愛
実名グルメサイトRettyにてフォロワーが1万人を超すレビュアー。
愛知県出身。幼い頃から甘い物が好き。祖母が茶道に携わっていたことから和菓子への造詣を深めていき、洋菓子好きの両親の影響で様々な洋菓子も食べ歩く。
結婚を機に上京。実名グルメサイトRettyに登録してからは勤務地の新宿のランチと都内のスイーツ全般を中心に食べ歩き、レビューすることの楽しさに目覚める。ほどなくして新宿エリアの№1レビュアーに上り詰めるが、退職して2014年11月フードアナリスト4級取得。
現在はエリアを問わず都内の有名スイーツやカフェを中心に食べ歩くとともに、居住地である多摩市周辺の有名グルメサイトに掲載されていない店舗に訪問してレビューを投稿し、地域グルメの啓蒙・発信の一翼を担っている。
最近の楽しみは、観光で東京に来る友人知人にオススメのお店を紹介すること。
将来の夢は、ブログを英語でも執筆して日本に来る外国人観光客へのグルメ情報を発信すること!

グルメニュースサイトmacaroniやおでかけプラン提案サイト「Holiday」にも記事を寄稿中!
レビュー・記事執筆のご依頼承ります!
詳しいプロフィール
Rettyページはこちらから!