昔ながらの「天然物」のたい焼きがうまい!浪花家@江戸川橋

スポンサーリンク

こんにちは!フードアナリストの愛です。
今回ご紹介するのは、江戸川橋にある創業50年以上の老舗鯛焼き屋さん・浪花家(なにわや)!
昔ながらの「天然物」と呼ばれる一丁焼きの鯛焼きがいただけます(*’∀’人)♥*+
 食べログ3.5越えの人気店
近くに所用があった際に寄りました。

↓ランキングに参加中!応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

1.アクセス・外観

東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅 3番出口から地蔵通り商店街へ向かい、徒歩3分ほど。

IMG_3622

2.内装・雰囲気

イートインコーナーはありません。

入口はこんな感じ。

IMG_3624

3.メニュー

時間帯によっては待つこともあるそうですが、開店直後だったからか、ご主人が今さっき焼いたばかりのアツアツをすぐに買えました。

鯛焼きを一匹購入!

2月時点では一匹150円でしたが、4月から160円に値上げしたようです。

ミニ鯛焼きの詰め合わせもあります。

4.味・感想

【鯛焼き】160円

その場でハフハフしながらいただきます。

IMG_3625

材料は、北海道十勝小豆、小麦粉、塩、ふくらし粉だけ!

ここの鯛焼きは何匹もまとめて焼く通常の「養殖物」とは違い、昔ながらの「天然物」と呼ばれる一丁焼き

確かに、今まで食べたことないぐらいに皮が香ばしい!+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚
ちょっと焦げてる感がまたいいですね。
かぶりついた時のパリッサクッとした食感がたまりません
餡子が透けて見えるほど薄い皮なのに凄い存在感(≧∇≦)

IMG_3626

そして餡子はしっぽまでぎっしり。
北海道産の小豆を使用し甘さを抑えた上品な作りで、皮と絶妙にマッチしています

5.総評

味 ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★☆
サービス ★★★★☆
居心地  ー
用途:一人で、ちょっとした手土産に

2月の寒い朝、あつあつの鯛焼きを頬張る幸せは格別でした(*´﹃`*)

もう一匹食べたいところでしたが残念ながら時間切れ。
また近くに行ったら食べたいです(^_^)v

◎「スイーツ」カテゴリーへのジャンプはこちら

↓更新の励みになります!応援クリックお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

浪花家(なにわや)江戸川橋の公式サイトはこちら

住所 東京都文京区関口1-5-8
TEL 03-3268-6261
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日

スポンサーリンク

美味しい情報を「はてブ」やfacebookでシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛@管理人

フードアナリスト・グルメブロガー 佐藤愛
実名グルメサイトRettyにてフォロワーが1万人を超すレビュアー。
愛知県出身。幼い頃から甘い物が好き。祖母が茶道に携わっていたことから和菓子への造詣を深めていき、洋菓子好きの両親の影響で様々な洋菓子も食べ歩く。
結婚を機に上京。実名グルメサイトRettyに登録してからは勤務地の新宿のランチと都内のスイーツ全般を中心に食べ歩き、レビューすることの楽しさに目覚める。ほどなくして新宿エリアの№1レビュアーに上り詰めるが、退職して2014年11月フードアナリスト4級取得。
現在はエリアを問わず都内の有名スイーツやカフェを中心に食べ歩くとともに、居住地である多摩市周辺の有名グルメサイトに掲載されていない店舗に訪問してレビューを投稿し、地域グルメの啓蒙・発信の一翼を担っている。
最近の楽しみは、観光で東京に来る友人知人にオススメのお店を紹介すること。
将来の夢は、ブログを英語でも執筆して日本に来る外国人観光客へのグルメ情報を発信すること!

グルメニュースサイトmacaroniやおでかけプラン提案サイト「Holiday」にも記事を寄稿中!
レビュー・記事執筆のご依頼承ります!
詳しいプロフィール
Rettyページはこちらから!