生チョコ発祥の店シルスマリア 新作生チョコレート試食イベントレポ

スポンサーリンク

こんにちは!フードアナリストの愛です。
今回は、2016年11月14日の「生チョコ発祥の店シルスマリア 新作生チョコレート試食イベント」に招待いただき参加した時のレポートをお届けします。
2016年12月1日から順次発売予定の新作はどれも美味しくて、発売されたら是非買いたいと思いました!

↓ランキングに参加中!応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

 新作生チョコレート試食イベント概要

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a21

今回のイベントは、株式会社シルスマリアが日本における生チョコレート発祥ブランドとして、日本の食材の新たな魅力を生チョコレートとのかけ合わせで発信する新シリーズ『NAMA CHOCO×JAPAN』を発表するプレス向け新作発表会。世界に向けて発信するのがテーマなので「生チョコ」ではなく『NAMA CHOCO』という表記にしているそうです。日本各地の素材を使った生チョコレート商品4種の試食もでき、ゲストにショコラコーディネーターの市川歩美さんもいらっしゃってシルスマリアの製菓長とのトークセッションがあるということで、私も楽しみにしていました。

「シルスマリア」ってどんなお店?

「シルスマリア」は、1988年に“生チョコレート”をこの世に生み出した生チョコレート発祥のお店です。厳密にはスイスでの「パヴェ・オ・ショコラ」が最初らしいのですが、「生チョコ」というキャッチーな名前をつけて生チョコブームを作ったのがシルスマリアだそうです。名前の由来はその当時、『生パイ』というオリジナル商品が大好評で、新しいタイプのチョコレートが誕生した時、そのチョコレートにもふんだんに生クリームが使われるため『生チョコ』と命名したんだとか。初めて聞く話で、思わずへぇぇ~!と唸ってしまいました笑。公式サイトはこちら⇒https://www.silsmaria.jp/

4つの新商品詳細と食べてみた感想

「シルスマリア」“九平次生チョコレート” 2016年12月1日~発売予定 16粒入り 1800円(税抜)

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a26

ホワイトチョコのとろける甘味に上質なワインにも匹敵する『純米大吟醸  別訛』のナチュラルで質の高い酸味が加わった生チョコレートです。

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a219

愛知県に蔵を構える萬乗醸造で作られた『醸し人九平次 純米大吟醸 別訛』。醸し人九平次シリーズのフラッグシップがこの「別訛」だそうです。そのお酒を使った生チョコを食べてみた感想としては、香り・味ともにフルーティ。”上質なワインにも匹敵する”とリーフレットに書かれていた通りの風味で女性も好きな飲みやすい日本酒なのでしょう。ホワイトチョコの甘みと非常に相性がよく、とろけるような極上の味わいに仕上がっています。

スポンサーリンク

「シルスマリア」“一刻者生チョコレート” 2016年12月1日~発売予定 16粒入り 1500円(税抜)

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a213

赤芋由来の甘み豊かな香りとまろやかで雑味のない芋焼酎と芳醇なミルクチョコレートですっきりとした味わいに仕上げました。

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a220
小牧醸造のこだわり芋麹本格芋焼酎『一刻者赤』。原材料のさつまいもには南九州産赤芋を100%使用しており、雑味のない味にビターなチョコと合わせることで深い味を実現しているそう。鹿児島弁で「頑固者」という意味の方言である「一刻者(いっこもん)」という名前がぴったりの、粗削りで野性味溢れる骨太な生チョコです。ウイスキーやシャンパンと合わせるのがオススメだそうです。
 

スポンサーリンク

美味しい情報を「はてブ」やfacebookでシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

愛@管理人

フードアナリスト・グルメブロガー 佐藤愛
実名グルメサイトRettyにてフォロワーが1万人を超すレビュアー。
愛知県出身。幼い頃から甘い物が好き。祖母が茶道に携わっていたことから和菓子への造詣を深めていき、洋菓子好きの両親の影響で様々な洋菓子も食べ歩く。
結婚を機に上京。実名グルメサイトRettyに登録してからは勤務地の新宿のランチと都内のスイーツ全般を中心に食べ歩き、レビューすることの楽しさに目覚める。ほどなくして新宿エリアの№1レビュアーに上り詰めるが、退職して2014年11月フードアナリスト4級取得。
現在はエリアを問わず都内の有名スイーツやカフェを中心に食べ歩くとともに、居住地である多摩市周辺の有名グルメサイトに掲載されていない店舗に訪問してレビューを投稿し、地域グルメの啓蒙・発信の一翼を担っている。
最近の楽しみは、観光で東京に来る友人知人にオススメのお店を紹介すること。
将来の夢は、ブログを英語でも執筆して日本に来る外国人観光客へのグルメ情報を発信すること!

グルメニュースサイトmacaroniやおでかけプラン提案サイト「Holiday」にも記事を寄稿中!
レビュー・記事執筆のご依頼承ります!
詳しいプロフィール
Rettyページはこちらから!